スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EVGAのデュアルLGA1366マザーボードってCore i7のデュアルCPUができるのか?

EVGAのデュアルLGA1366マザーボードってCore i7のデュアルCPUができるの?

できれば…すごく楽しいことになります。まぁ発売当初からどうなのか疑問でしたが…

デュアルLGA 1366マザーEVGA W555ではCore i7でもデュアル可能? - The AMD's Cafe

Core i7 Dual-Socket Operation Possible? - techPowerUp!

な、なんと
答、できるんです。可能なんです。

EVGAがCESでデュアルLGA1366のマザーボードを発表していましたが、このマザーボードはデスクトップ用のCore i7をデュアル動作させることができるようです。

通常のデュアルXeonの場合はCPU間はQPIで接続されていますが、このマザーボードの場合はI/Oコントローラを介してCPU間が接続されていることで、デュアルCPU構成を可能にしているようです。

でも熱は?安定性は?とかいろいろ疑問はありますが、ベンチはどうなのか?使用感はどうなのか?とても気になるところです。

スポンサーサイト

未発売のTDP22W低電圧版「Athlon X2」搭載ベアボーンが明日発売


未発売のTDP22W低電圧版「Athlon X2」搭載ベアボーンが明日発売


http://ascii.jp/elem/000/000/492/492946/

 単体での販売が確認されていないTDP22Wの低電圧版「Athlon X2」を搭載したベアボーン「MINIX785G-KP2」がファストから明日より発売される。

 この製品は、Shuttle製のMini-ITX対応PCケース「KP10」に「AMD 785G」チップセット採用のJ&W Technology製Mini-ITXフォームファクタのマザーボード「MINIX-785G-SP128M」を搭載したファストオリジナルのベアボーン。
 特徴的なのはCPUをあらかじめ搭載している点。パッケージによるとクロック周波数1.5GHz/TDP22Wの低電圧版「Athlon X2」を標準で搭載しているという。なお、同社ではCPUのモデルナンバーについて明らかにしていないが、該当するCPUとしてはOEM向けに提供されている「Athlon X2 3250e」がある。

fs1_240x.jpg

fs4_240x.jpg

内部背面に80mmファンを1基備えるほか、高さを抑えた銅製のCPUクーラーが装着済み。

 ベアボーンオリジナルの仕様としては新たに100W電源を標準搭載。背面に80mmファンを1基備えるほか、高さを抑えた銅製のCPUクーラーが装着済みのところ。アークによると明日27日から発売。価格は2万9800円となっている。

卓上、リビングPCにはイイですね。用途はネットだけって人にはおススメですね。

AMD、6コアCPUは5月に登場!

AMDの6コア(Thuban)は5月に登場

http://en.ocworkbench.com/tech/amd-thuban-hex-core-processor-to-be-released-by-may-2010/

無題

OCWorkbenchの情報によると、6コアの最上位機種は2.8GHzでTDP 140W。
登場するのは10年5月で、6月のComputex Taipei 2010では多くの6コアCPUを見ることができそうとのこと。

140Wとかちょっと…なんですがまぁこれから期待する分野ですね。

対応するチップセットは4月に予定されているこちらも期待の890FX。
AM3プラットホームのため、BIOSを更新した790FXや790GXでも動きそうです。

Phenom II X6 10xxTシリーズ (AM3、45nm、Thubanコア)
Phenom II X6 xxx :2.8G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP140W、10年5月
Phenom II X6 1075T:?G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP125W、10年5月
Phenom II X6 1055T:?G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP125/95W、10年5月
Phenom II X6 1035T:?G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP95W、10年5月

これから栄える期待の分野です。個人的にはAMDの6コアVSIntelの6コアの対決が見たいですね。

6コアのCore i7-980X Extreme Edition (Gulftown)は3月16日に発売

Core i7-980X Extreme Edition (Gulftown)は3月16日に発売?

Intelのデスクトップ用の次期ハイエンドCPUとなる6コアのCore i7-980X Extreme Edition (Gulftown)の正式発表と発売日は3月16日(火)に決定した。

Core i7-980X Extreme Editionのクロックと価格は以前に紹介していますが、6コアで3.33G、価格は999米ドルらしいです。日本円でなんと99900円。

ちょっとお高いですが人気は出ると思います。


@Core i7 6コアシリーズ(Gulftown、32nm、6コア)@
i7 980X EE:3.33G、6C/12T、L3 12MB、TDP130W、3月16日発表、999米ドル
i7 970 :?G、6C/12T、L3 12MB、TDP?W、10年Q2

今年のQ2終わりにはAMDにも6コアが登場とちょっと楽しみな感じです。

AMD、注目の6コア(Thuban)のモデルナンバー


AMDの6コア(Thuban)のモデルナンバーがリーク
そうあやつです。注目のあやつです。AMD初のデスクトップ向けの6コアCPUです。

10年Q2に予定されているAMDの6コア(Thuban)のモデルナンバーが掲載されています。
target="_blank">http://www.anandtech.com/cpuchipsets/showdoc.aspx?i=3726
なんとAnandTechには10年Q2終わり予定されている6コアと4コア 新モデルのモデルナンバーが掲載されています。

新しいモデルナンバーには6コア(Thuban) 、4コア(Zosma)ともに型番の末尾に"T"が追加されています。4コア(Zosma)は6コア(Thuban)をベースにしたコアを思われますが、詳細は不明です。

◎Phenom II X6 10xxTシリーズ (AM3、45nm、Thubanコア)
- Phenom II X6 1075T:?G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP125W
- Phenom II X6 1055T:?G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP125/95W
- Phenom II X6 1035T:?G、L2 512KBx6/L3 6MB、TDP95W
--------------------------------------------------------------------
◎Phenom II X4 9xxTシリーズ (AM3、45nm、Zosmaコア)
- Phenom II X4 960T :?G、L2 512KBx4/L3 6MB、TDP95W
--------------------------------------------------------------------

6コアのクロックは不明ですが、4コアの960は965(3.4G)と955(3.2G)の間であることを考えると3.3G?かも。
今までのOpteron 6コアのクロックは、2.8G(SE)、2.6G、2.4G、2.2G、2.1G(HE)、2.0G(HE)、1.8G(EE)とやはりそこまでは高くありませんが3㎓に到達するであろう今度の6コアはちょっと楽しみですね。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。