スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GPUによる高性能計算技術でゴードン・ベル賞を受賞

GPUクラスタによる高性能計算技術でゴードン・ベル賞を受賞

低価格でGPUを使ったという国内最速のスーパーコンピューターを開発。


スパコン開発で「ゴードン・ベル賞」 長崎大助教ら受賞 「国内最速」安価で実現 - 西日本新聞

GPUクラスタによる計算がゴードン・ベル賞を受賞 - 長崎大学PDF

GPUクラスタによる高性能計算技術の実証 - 長崎大学 学術情報



長崎大工学部の浜田剛助教のグループは、GPUを760個並列につなげたという国内最速のスーパーコンピュータにより、スーパーコンピューター界のノーベル賞とも言われる「ゴードン・ベル賞」を受賞しました。市販の画像処理装置(GPU)を使って安価に高速計算を実現したのが受賞理由とのこと。


国内最速のスーパーコンピューターを開発した長崎大の浜田剛助教。手で触れている小型の画像処理装置を大量につなげることで実現した=26日午後、長崎大工学部の浜田剛助教(35)

受賞したシステムのGPUは何かわかりませんが、 09年3月の単精度190Tflops GPUクラスタ(長崎大)の紹介(PDF)によるとCUDAが使われており、資料時点では「Core2Quad Q6600が128ノード、各ノードに128ノード8800GTS-OCが128ボード、9800GTX+が128ボード」。



スパコンでは最安帯での開発、すごい、よくやったの一言です。

事業仕分けでの削減は正解のようですね。

スポンサーサイト









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。