スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

core2duo 3.5GHzに続きPentium E6600 3.06GHz登場


現在最速のPentium Dual-Coreは45nmプロセス“Wolfdale”コアのPentium Dual-Core E6500であるが、2010年第1四半期にはこれに続くCPUが登場する。
Pentium Dual-Core E6500は2.93GHzでFSB1066MHz / L2=2MB / TDP65Wとなり、価格は$84である。
 
core2duo 3.5GHzに続きPentium E6600 3.06GHz登場


Pentium Dual-Core E6500 BOX


またもや3GHz越えのCPUです。


http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-3343.html

前に話題となった、最強のCore 2 DuoとなるE8700、これに続くのがPentium Dual-Core E6600である。

Pentium Dual-Core E6600は“Wolfdale”ベースのPentiumとしては初めて3GHzを超えるモデルとなり、周波数は3.06GHzとなる。周波数以外のスペックはE6500と同様で、FSB1066MHz / L2=2MB / TDP65Wである。

Pentium Dual-Core E6600のローンチ予定日は2010年1月17日で、価格は$84となる。これに伴い、既存のE6500は$74に値下げされる。

Pentium Dual-Core E6600とE6500はお求め安い価格で高い性能をもたらしてくれる。おそらく2010年のIntelにとっても重要な稼ぎ頭になるだろう。 LGA775プラットフォームは特に低価格帯を中心に、強力なプラットフォームであり続けるだろう。

まだまだLGA775は続く。


Core2 の登場とともに消えると思われていたPentiumも生きながらえ、再び3.00GHzオーバーの製品が出てきました。“3.06”という周波数は中途半端な数字ですが印象強いです。“3.06”という数字を見るとかつて初めて3GHzを超え、さらに初めてHyperThreadingを搭載してマルチスレッドを実現したNorthwood Pentium 4 3.06GHzを思い出す。←懐かしー

スポンサーサイト

Kino Online Ahahaha=)

hertherher <a href=http://kinoprivate.ru>墓邇 零諤蜊</a>
[ 2010/02/15 09:13 ] [ 編集 ]

Another one spam message=)

gvvbnvnffhf <a href=http://gongfu.com.ua>[蜊? 辣 齪?/a>
[ 2010/02/18 13:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wwwkokif.blog61.fc2.com/tb.php/171-11db8310











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。