FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSP CFW

パンドラなしでCFWを直接導入する方法完全版  


コピ速よりコピー。個人的に気になったので。
URLhttp://copynews.blog14.fc2.com/blog-entry-348.html




以前に「パンドラなしでCFWを直接導入する方法解説」という記事を書きまして、
これはCFW導入にパンドラバッテリーを必要としない「Recovery Flasher」
利用したものでした。




パンドラなしでCFWを直接導入する方法解説
「Recovery Flasherv 1.41」   ・・・⇒  (`・ω・´)ポチ

ただしこれには条件があり、すでに改造されているPSP前提ということで、
意味のとらえかた次第ではガッカリさせてしまった人もいるようです。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

PSPから自作アプリを起動させるには「改造済みPSP」が基本であり、
ノーマルのPSPのメモステにいくらアプリを書き込んでもメモステから起動できません。

しかしながら現在、ChickHENの登場によりこの基本事情が大きく変わりました。

そこでPSPハックの歴史の一区切りとして、今回ここに「パンドラ」カテゴリの
締めの記事を書いてみようと思います。

題して「パンドラなしでCFWを直接導入する方法完全版」!今まで夢であったパンドラバッテリー不要で、ノーマルPSPにCFWを直接導入させる方法が完成!長かったパンドラの歴史の節目の記事です!気合い入れて解説入ります!!(`・ω・´)



パンドラなしでCFWを直接導入する方法完全版


基本条件

HENは対策基板自体を攻略したわけではありません。
当然CFWを導入するには対策基板以外の PSPである必要があります。
この方法を実行するには以下の条件を守ってください。

▼FW5.03のPSP
▼PSP-1000 / PSP-2000(v2基板)
▽不可~PSP-2000(v3基板) / PSP-3000

不可条件であるPSP-2000(v3基板) / PSP-3000 の場合、
別ツールを使用すればCFWと同機能を 実現させることができます。
もちろんこれにもパンドラバッテリーはいりません。

「Custom Firmware 5.03GEN-A for HEN」  ・・・⇒  (`・ω・´)ポチ

可能条件を満たしたPSP-1000 / PSP-2000(v2基板)の場合以下の方法で、
簡単にCFWの導入が 可能になります。

* また、「自分のPSPの基板なんてわからない」という人はとりあえず
インストールをすすめていってください。
導入前に自分の基板を調べるツールを紹介します。



1・配布サイトより「ChickHEN Homebrew Enabler R2」
ダウンロード後、解凍します。



ChickHEN Homebrew Enabler R2    ・・・→    (`・ω・´)ポチ

2・解凍後出てきたフォルダ内を確認。



3・メモステに配置するファイルがPSP-1000 とPSP-2000の場合で
若干異なるので注意。

PSP-1000の場合はPHATフォルダをPSP→PHOTOフォルダにコピーします。



PSP-2000の場合はChickHENフォルダをPSP→PHOTOフォルダに
コピーします。



4・さらにメモリースティックのルートディレクトリに h.bin をコピーして準備完了。



ここは共通です。

5・PCとUSB接続を解除し、まずは「設定」→「本体設定」→「文字セット」を選択。





1番上の「US(437)」を選択して設定します。

6・PSP-1000なら PHATフォルダを、PSP-2000ならChickHEN フォルダを、
「フォト」の項目から開きます。



このとき画像は開かず、フォルダを開くだけでそのままの状態にしておきます。



うまくいくと画面が一瞬崩れ、直後に自動的にPSPが再起動します。

7・本体情報を参照し、「5.03 ChickHEN R2」と表示されていれば成功です。



「5.03 ChickHEN 」モードに入ったPSPは電源を切るまでこの状態が続きます

8・HENの導入が済んだところで配布サイトより
「Easy ChickHEN CFW installer」をダウンロードします。




「Easy ChickHEN CFW installer」   ・・・⇒  (`・ω・´)ポチ

9・続いてPSPとPCをUSB接続します。
このとき接続したPSPのドライブレターを覚えておいてください。




マイコンピュータから確認できます。

10・「Easy ChickHEN CFW installer」を起動。

 

ダイアログに従って進めていきます。

11・途中でPSPの接続先を聞かれるので覚えておいたドライブレターを選択。





12・インストール後、PCとの接続を切り、PSPを起動。



「Recovery Flasher」と「PSPident」がインストールされているので、
先に「PSPident」を起動します。

13・メニューが表示されます。



自分のPSPの基板が確認できるので、ここで導入できる基板かどうか
確認してください。
「Mothermoad Model」が「TA-088v3」以外のものであればCFW導入可能です。

「TA-088v3」対策基板であった場合は以下のリンクから
「Custom Firmware 5.03GEN-A for HEN」
を導入してください。

「Custom Firmware 5.03GEN-A for HEN」  ・・・⇒  (`・ω・´)ポチ

14・合格基板であった場合は「Recovery Flasher」を起動。



15・メニューが表示されるので「Target FW」から最新版の「FW5.00」を×ボタンで選択。

「Install M33 CFW~」を押し、次のメニューで「reset(foemat) settings as well」を
選択するとCFWの導入が開始されます。

「press any button to shutdown・・・」と表示されるまでPSPに触れず
完了まで待ってください。
表示されたところで何かボタンを押すと電源が落ちるので、
再度電源を入れ起動します。

16・初期設定ウイザードが開始されるので画面の指示に従い送っていきます。



最後に本体設定⇒本体情報を確認し「5.00M33-4」と表示されていれば
CFWの導入完了です。

以上がノーマルPSPからパンドラバッテリー&MMSなしで
CFWを導入する全手順になります。


お疲れ様でした。




http://amaebi491224.blog19.fc2.com/blog-entry-1086.html

スポンサーサイト
[ 2009/12/28 23:29 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wwwkokif.blog61.fc2.com/tb.php/215-28c96523











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。